世界標準の歯周病(歯槽膿漏)治療・改善|まさき歯科クリニック 西葛西「南口」1分の歯医者。夜8時まで。土日も診療

診療時間10:00~20:00 休診日 水・祝 03-6808-6696

Perio / 歯周病

当院では、科学的根拠に基いた治療を実践しています。他院で歯周病治療がうまくいかなかった方、歯周病がかなり進行してしまった方、一度、当院にご相談ください。自信があります。

+まさき歯科クリニック式・歯周病治療体制

当院の歯周病治療の特徴をご紹介します。

 

確立された治療プログラム根本治療の徹底説明責任の徹底

「審美性」「機能性」の回復可能な限り「非抜歯」治療後のメンテナンス

 

 

特徴1 科学的根拠に基づいた治療プログラム

近年では歯科医療も進歩し、「歯周病にならないためにはどうすればいいのか」、「歯周病になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、歯周病にもなりませんし、また歯周病も改善します(重度の場合はケースによります)。

 

治療の流れとしては、各種口腔内検査等により、歯周病の状態、歯質の状態、歯周病へのなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した科学的根拠に基づいた患者様オリジナルの治療プログラムを作成していきます。

 

精密検査 ブラッシング指導 PMTC 治療結果の検証 カウンセリング 生活習慣の見直し

 

 

特徴2 歯周病菌の徹底除去による根本治療

歯周病治療の一つである歯石を除去することを「スケーリング」といいます。

このスケーリングを「麻酔をされながら」治療をしていただいた経験はありますか?

これもほとんどの患者さんは経験がないと思います。

 

歯周病が進行すると、骨が溶け、歯と歯肉に隙間ができてきます。

これが皆さんご存知の歯周ポケットです。歯周病菌はこの歯周ポケットの奥にドンドン入り込んでいきます。つまり、奥に入り込んだ歯周病菌や歯石を除去しなければ根本的な治療は出来ません。

 

下のレントゲン画像は歯肉の奥に歯周病菌(歯垢・歯石)が入り込んだ状態の画像と、それを改善した画像です。マークがついている部分を除去しました。

 

ビフォアー アフター

 

この治療をするにはどうしても痛みが生じるため、麻酔を使って治療を行います。歯周病の治療で歯医者に行き、麻酔をされた経験がない場合はこの根本的な治療を行っていないと考えられます。

 

麻酔をしないで治療できる部分は歯肉の上の部分だけであり、歯周病が進行している場合、いくらそこに付着している歯石をとったところでまったく意味がありません。歯周病が進行しているのは、そのもっと奥の部分なのですから・・・。

 

歯周ポケット

右の画像を見れば今までお話ししたことが

ご理解いただけると思います。

ラインが入っている部分が歯肉の上と下との

分かれ目です。上の部分は綺麗ですが、

下の部分に歯石がびっしりついてしまっています。

この部分をしっかり除去しなければ将来的には

抜歯の運命が待ち受けています。

 

このように本当にやるべき治療が行われていないのが現状です。

歯科医院を選択される基準として、「歯周ポケットの定期検査」「麻酔をしたうえでの歯石除去」の2つをしっかり実施している歯科医院での治療を強くお勧めいたします。

 

 

 

特徴3 説明責任の徹底

説明

歯周病治療は他の治療と比べ、患者さんのご協力が必要になる治療になります。

なぜならば、歯周病は生活習慣病ですので、歯科医院のケアだけでなく、ご自宅でのケアも必須となるためです。

 

そのため、患者さんにご協力して頂くためには「歯周病に対する理解」と「口腔内の現状理解」が必要です。そこで当院では様々な「情報提供ツール」を活用し、患者さんに納得して頂けるまで説明を行います。例えば、レントゲン画像で骨の状態の報告、デジタルツールを活用した視覚的にも分かりやすい説明、術前術後の状態を写真でお見せする等の取組みを行っています。

 

レントゲン 口腔内撮影

 

 

 

特徴4 歯周病治療により失われた「審美性」「機能性」の回復

審美性(見た目)の回復

歯周病治療をすると「歯が長くなってしまう」ということを聞いたことがあると思います。

実際、歯が長くなったように見えるのですが、これは「本来の健康な状態に戻った」と言った方が正確です。

 

長い歯

歯周病が進行すると歯を支える骨がドンドン溶かされると

共に、炎症を起こして歯肉が腫れあがります。

歯を支える骨が溶かされれば当然歯茎もドンドン退縮し、

歯の根が露出してきて歯が長く見えてしまうのですが、

炎症により歯肉が腫れあがりますので、外からは歯が長く

なった状態を確認することができません。

しかし、歯周病が改善することで歯肉の炎症が治まり、

本来の歯の姿が見えてくる事になります。

 

「お口の健康は取り戻せたけど、見た目はなんとかならないの?」

治療を終えた方から良くこのような質問を受けます。

 

当院では「歯肉移植術(FGG/CTG)」という方法で、この「見た目」改善に取り組んでいます。簡単に説明しますと、上顎の歯茎から歯肉を取ってきて、見た目が悪い部分に移植するという方法です。

 

上あごの奥歯の内側から移植する歯肉を採取します。移植する箇所の歯茎を切開し、その中に採集した歯肉を入れます。歯肉を採取するために切開した歯茎は 2週間程度で元通りになり、移植された 歯茎はおよそ1ヶ月程度で傷跡がなくなり、 周囲の歯茎と区別がつかない自然な状態になります。

 

歯肉移植術は高度な技術を要しますので適応により施術させて頂きます。

「お口の健康」と「美」を追求したい方、当院にご相談下さい。

 

ビフォアー アフター2

 

機能性(咬み合わせ)の回復

歯周病が進行すると歯がグラグラし、徐々に「噛み合わせ」がおかしくなってきます。

 

皆さんは「咬み合わせが悪くなっても問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、決してそのような事はありません。咬み合わせが悪くなってくると、歯全体で「咬む力」を分散させることが出来ず、特定の歯に過剰な咬む力が加わることになります。そうすると、その歯が「動揺」することで、歯と歯肉の間にいっそうの溝ができ、そこに歯周病菌が入り込み状況が悪化します。場合によっては自然に歯が抜けてしまう事もあります。

 

また、咬み合わせがおかしくなることで肩こり、頭痛、腰痛など体の不調が出る可能性があるとも言われています。このようなことから、当院では歯周病治療と共に、適切な咬み合わせの回復を考慮に入れた包括的治療を実施しております。

 

噛み合わせ1噛み合わせ1

 

 

 

特徴5 「総合」治療による可能な限りの「非抜歯」を目指す

歯周病が進行すると最終的には抜歯の運命が待っています。

しかし、ご自身の大切な歯、世界に1つしかない大切な歯を私は何が何でも守りたいと思っています。そこで当院では「骨再生療法」と「歯周補綴」の2つを行い、可能な限り歯を残す方向の処置(非抜歯)を行っています。どちらか一方で対応することもありますし、2つの治療法を複合させることもあります。

 

骨再生療法歯周補綴

 

 

骨再生療法

骨再生療法とは、溶けて減ってしまった骨を再生させ、歯が抜け落ちてしまう事を防止する治療です。当院では、「エムドゲイン法」という骨再生治療を行っております。

 

エムドゲイン法

エムドゲイン法を簡単にご説明しますと、エムドゲインゲルという薬を患部に塗ることで、本来備わっている骨の再生能力を発揮させる療法です。

 

エムドゲイン法 図

 

この治療法では、エムドゲインゲルという薬剤を使用するため、身体への安全性について患者さんからご質問されますが、身体への悪影響はありませんのでご安心ください。

 

他院で「歯を抜いたほうがいい」と言われた方、重度歯周病の方、どうしても歯を残したいとお考えの方、一度当院にご相談ください。

 

歯周補綴

診療

歯周病の進行により「グラグラ」してしまった歯を、かぶせ物・インプラント・入れ歯・矯正治療などを駆使し総合的に対処することで可能な限り歯を残す方向で対処する治療法を歯周補綴と言います。院長は歯周補綴の臨床・研究を長い間行ってきましたので、お時間を頂ければ、徹底的にお付き合いさせて頂きます。

 

 

 

特徴6 歯周病治療後の定期メンテナンス

メンテナンス

歯周病でない方でも、歯周病治療された方でも、生涯健康なお口の状態を維持させるには、ご自宅でのケアだけでは十分ではありません。その理由をこれからお伝えいたします。

 

「細菌」のコントロール

歯周病になってしまう主な原因はお口の中で悪さをする細菌です。

つまり、この「菌」を上手にコントロールできればお口の問題は起きません。

下記画像を見て頂きたいのですが、左の画像がメンテナンス前のお口の細菌の状態です。そして右の画像がメンテナンス後のお口の細菌の状態です。

 

お口の細菌

 

メンテナンス後は細菌がほぼいなくなっていると思います。

しかし、この状態は一時的なものであり、時間が経過するとすぐに細菌は増殖します。

つまり、悪さをする細菌が可能な限り少ない状態を保持する「コントロール」が大切になります。細菌をコントロールするためには、ご自宅でのブラッシング以外にも「歯科医院での定期メンテナンス」の両輪が必要になります。

 

力のコントロールの必要性

人間の咬み合わせは、皆様が思っている以上に変化します。

年齢によるものもありますし、座る姿勢が悪いだけでもズレしまうこともあります。

 

噛み合わせが悪くなってくると、歯全体で「咬む」力を分散させることが出来ず、特定の歯に過剰な咬む力が加わることになります。そうすると、その歯が「動揺」することで、歯と歯肉の間に溝ができ、そこに歯周病菌が入り込める環境が作られます。

 

生じた「溝」の部分は、何もしなければ改善しませんし、その溝に入り込んだ歯周病菌も日常のブラッシングだけでは除去することはできません。つまり、歯周病菌が悪さをする環境が整ってしまう事になるのです。

 

当院の定期メンテナンスでは、咬み合わせをしっかりと確認し、ズレてしまった場合は適切な調整を施し、歯周病菌が悪さをする環境ができない取り組みを行います。

 

 

 

+院長メッセージ

院長

歯周病は国民の80%がかかっていると言われる

国民病であることをご存知でしょうか?

多くの方はこの歯周病が原因で歯を徐々に

失っていきます。

 

また、歯周病はお口の健康を害するだけでなく、

糖尿病、血液疾患、肺炎その他様々な全身疾患を

悪化させるということが最近の研究でわかってきました。

 

歯周病は自覚症状がなく、気づいた時には「時すでに遅し」であることが多い病気です。

是非、症状が無い方も、今、歯周病の検査をする事をおススメします。早ければ早い程、治りは早いです。国民の80%がかかっているという現実をしっかり理解して頂く事を切望します。

 

 

 

+歯周病と全身疾患の関係性

これまで歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきました。しかしながら、近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。関連性が報告されているものとして次のものがあります。

 

歯周病と全身疾患の関係性

 

歯周病との関連でよく言われるのが、「糖尿病」「心臓病」「早産」です。

 

糖尿病との関連

重度の歯周病の場合、軽度の人に比べ2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

 

心臓病との関連

歯周病菌の作りだす物質が血液中に流れ動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となります。

健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍といわれています。

 

早産・低体重児との関連

低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告があります。

また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと早産の確率が高まります。

 

他にも「ガン」「肺炎」「脳卒中」などとの関連性が指摘されています。

 

研究が進み、今や歯周病は、お口の中だけの病気ではないというのが専門家の共通認識です。「歯周病=歯を失う」という認識ではなく「歯周病=命にかかわる場合もある」という認識の転換が必要です。

 

 

 

+個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

無料相談

インターネット予約

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-12 第一大高ビル2F

◎10:00〜13:30 ●15:00〜18:30

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

症例集

 

 

+料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。